霊園について

当園の特徴

落ち着いた空間でお参りして頂けます
市街地にあってすぐにお参りして頂けます
お寺が責任を持って管理しております
暗くなってからも安心してお参りして頂けます

福應寺について

福應寺は桓武天皇のご令孫である遍昭僧正(816〜890年)の開基と伝えられています。
遍昭僧正は天台の教義に深く精通し、また和歌にも長じ六歌仙の一人でもありました。僧正はかつてこの地で広く衆僧を集めて、講席を開かれたと伝えられており、当山創立の由来であるとされています。また、地名の「講田町(こうだちょう)」は遍昭のいわれに因んだものとされています。
当山は天台宗に属していましたが、その後改宗して浄土宗となりました。享保3年(1718年)に建立された鐘楼の梵鐘には開基遍昭の銘が記されています。
永い歴史を有し、幾多の星霜を重ねるうちに数々の変遷を経てきましたが、昭和9年、関西を襲った室戸台風により、本堂その他の諸堂が倒壊、境内も著しく荒廃するに至りました。当時の住職、ならびに檀信徒、有縁の有志は、復興に着手されたようですが、折しも、日中戦争が勃発し、さらに第二次世界大戦へと拡大したため、情勢が悪化し、その苦労も十分には報われなかったようです。
昭和38年、第30世綜誉諦学上人代に多くの檀信徒の勧募、ご協力を頂き、本堂、庫裡、地蔵堂等、諸堂を新築、境内整備し現在に至っております。

ご挨拶

福應寺住職の佐藤文宏と申します。 私は、幼少期より育った福應寺の住職に、父である先代の跡を継いで平成27年に就任させて頂きました。
仏教を学び始めた頃、「一切衆生悉有仏性」(命あるものは皆成仏することができる)という思想があることを知り、深く感銘を受けたことを覚えております。この教えを少しでも多くの方に知って頂きたいと思い、この度、石碑にその文字を刻ませて頂きました。
永い永い時の流れの中で、幸せな時間を共に過ごしたペットとの出会いはまさに奇跡と言えるでしょう。きっとペット達も感謝してくれているはずです。
先立ったペット達に感謝を込めて、ご家族とご一緒に供養させていただきたく、霊園を造立させて頂きました。

名称

福應寺ペット霊園

所在地

〒607-8463
京都府京都市山科区上花山講田町71

電話番号

080-6442-4546(福應寺ペット霊園)
075-581-1249(福應寺)

ペット霊園の様子

自然あふれる環境の中、やすらぎの地で
大切なペットのやすらかな眠りを静かにお守りします。

アクセス

  • 地下鉄東西線御陵駅 徒歩20分
  • 京阪バス上花山花ノ岡町 徒歩5分
  • 京阪バス上花山 徒歩1分

お車でお越しの方は、駐車場をご利用ください。
〒607-8463 京都府京都市山科区上花山講田町71